やせる体操

やせる体操として効果的であると言われているのは適度な有酸素運動だそうです。

有酸素運動のエクササイズやエアロビクスを、やせる体操として思いつく人がほとんどではないでしょうか。

ダイエット方法の中でも最近紹介されたものによると、体操は有酸素運動のみを行うわけではないようです。

より効果的にやせるは、無酸素運動を有酸素運動に組み合わせた体操だといいます。

交互に30秒ずつ有酸素運動と無酸素運動を行うもので、考案したのはアメリカのクレイガー博士という人です。

やせる効果が元々有酸素運動は20分以上続けなければ小さいというのが定説でした。

多くの人が、まとまった時間が作れずに体操ができなかったといいます。

有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ交互に行うことで、たった3分の体操で、やせる効果が期待できるというのが、クレイガー博士の理論だそうです。

心拍数が無酸素運動を30秒行うことでアップし、増加するのが全身への酸素の供給量です。

運動による脂肪燃焼効果を高めるために、酸素の供給量を増やしてから有酸素運動を行うのです。

やせる体操の方法として具体的には、それぞれを交互に3分間無酸素運動として両手を上に上げて行うバンザイスクワットを30秒、有酸素運動としてその場でのジョギングを30秒、行うだけでとても簡単です。

他の体操と同様に基本的にはやせるために毎日続けることに意味がありますので、たった1日3分の運動ですが継続しましょう。

Comments are closed.